Skip to content

電話占いで前世がわかるのか?おすすめの電話占いサイト

占いは悩み事の相談や解決の手段として利用する人が大半を占めるかと思いますが、私の場合はちょっと違いました。というのも、「自分自身を知りたい」というのがその時占いをしてもらおうと思った理由なんです。

自分自身を知ることで、さまざまな悩みや降りかかる困難に対応できるのではないかと考えたんです。まあ、今から思うととにかくその時はいろいろと悩んでいて、自分自身で何とか解決したいと思っていたんでしょうね。

占いで自分自身を知る方法はいくつもありますが、私は昔からスピリチュアルなことに興味がありました。だから、インターネットで「スピリチュアルチャンネル」を見つけた時は「これだ!」と思いましたね。

スピリチュアルチャンネルではスピリチュアルな方法を用いたさまざまなピュアリは当たる電話占いなの?占いのメニューがあるようなのですが、私が時に気になったのが「オーラ鑑定」でした。オーラというのは誰も人それぞれが持つその人の本質を表すものであるとのことで、これこそ自分自身を知る占いだと思いました。

そこでさっそくオーラ鑑定を受けるべく、サイトに登録することにしました。会員登録といっても指示された通りに入力していくだけなのでとても簡単でした。登録が済むとメールを送信してあとは鑑定結果を持つだけです。

すぐに結果が返ってきたこと、そしてその内容はまさに私が求めていたそのものだったのでとても満足しています。自分自身を知ることができたばかりでなく、それに併せてさまざまなアドバイスも書かれていたのは感激でした。今度はその他のスピリチュアルな占いメニューも試してみたいと思っています。

100%あたり占いなんて存在しない!

昔から「当たるも八卦、当たらぬも八卦」といいます。もちろん皆さん占いには「当たること」を求めているかと思います。「当たらない」占いなんて必要ないという人もいることでしょう。「占いなんて怪しい」「占い師なんて胡散臭い」と考えている人も少なくないようです。

しかし、占いの役目というのはただ将来のことを「当てる」ことだけでしょうか。占いは予知とは違います。これから起こることをズバリ言い当てることが目的ではなく、可能性を示しているのが占いなのです。そしてその可能性と占ってもらう人との関係性から、そのようにすれば好ましいのか、上手く物事が運ぶのかといった点をアドバイスするのが占いの目的なのです。

つまり、占いとは行動や考え方の指針を示すものといえるでしょう。そして、占い師は本来、将来の見通しを示すとともに良きアドバイザーであるべきなのです。ところが占いは当たってナンボという考え方の人にとっては、それらよりも事実との異なりのほうが重要と考えてしまい、事実が占いの内容と異なれば「占いなんて当てにならない」となってしまうわけです。

何でもすぐに結果を求めるようになった現代において、占いはその本質を失いつつあるといえます。たとえば占いで「今日は何かいいことがある」といわれたとします。すると、ちょっとした出来事でも「ああ、これがその『いいこと』か」と嬉しく思い気持ちが明るくなります。

占いとは本来、そういったその人の気持ちによって左右されるものなのです。もし占いが100パーセント未来を見通せるのであれば、占い師は皆宝くじを買ったり競馬をしたりしてお金持ちになっているはずですからね。